独り掲示板

ライトスタッフは名作です-2

独り言レス

【誰にともなしに、独り言レス―その3293】

 

レッドバロンを(ベルケを源流とする)ライトスタッフの系譜(0 系イェーガー)として辿るのは(いつもの勝手な妄想ではあるが)あながち的外れじゃなくて、原作「ザ・ライト・スタッフ」も唯一その名を認められる一節で―

 

Knight of the Right Stuff 正しい資質の騎士

 

なる表現を使う。

 

朝鮮戦争の歩兵たちの士気は非常に低く、将校が銃身や銃剣で尻をこづかなくてはならないほどだった。けれど空は―戦闘機乗りの天国だった! 主に F86 を使って空軍は、朝鮮人や中国人がソ連のミグ15を駆って彼らを迎え撃つために空に飛び上ったと思うまもなく、五機からそれ以上の敵機を撃ち落すパイロット、すなわち空の勇士(エース)をぞくぞく産み出した。戦いが終るころには、空軍のエースは三十八人、しめて二九九・五機をしとめた勘定になる。それに対し、失った F86 は五六機にすぎない。これらの若者の士気は旺盛だった。第一次大戦のラフベリーやフランク・ルークやフォン・リヒトホーフェンの時代以来、飛行の世界で誰も味わったことのない甘美なロマンチシズムをもって、彼らは自分たちの冒険を記録にとどめたのだ。朝鮮で五機のミグを撃墜した(第二次大戦では八機の日本とドイツの航空機をやった)ハリソン・R・シング大佐が彼の第四迎撃戦闘機団について記述したとき、それはアーサー王の魔剣エクスカリバーのように燦然と輝きを放った。「往時の騎士さながらに、F86 のパイロットたちは戦闘機に打ちまたがり、北朝鮮上空を鴨緑江あたりまで北上した。飛行機雲を棚引かせて進む銀色の機に陽がきらりと光る。そのとき、数の上では優勢な敵機が舞い上って来た、われわれは一斉に攻撃を仕掛けた」槍と羽根飾りよ!われは騎士なり!舞い上って向ってこい!しりごみすることがあろうぞ!正しい資質(ザ・ライト・スタッフ)の騎士たちよ! [中公文庫]

 

   The morale of foot soldiers in the Korean War was so bad it actually reached the point where officers were prodding men forward with gun barrels and bayonets. But in the air—it was Fighter Jock Heaven! Using F-86s mainly, the Air Force was producing aces, pilots who had shot down five planes or more, as fast as the Koreans and Chinese could get then Soviet MiG-15s up to fight them. By the time the fighting was stopped, there were thirty-eight Air Force aces, and they had accounted for a total of 299.5 kills. Only fifty-six F-86s were lost. High spirits these lads had. They chronicled their adventures with a good creamy romanticism such as nobody in flying had treated himself to since the days of Lufbery, Frank Luke, and von Richthofen in the First World War. Colonel Harrison R. Thyng, who shot down five MiGs in Korea (and eight German and Japanese planes in the Second World War), glowed like Excalibur when he described his Fourth Fighter-Interceptor Wing: "Like olden knights the F-86 pilots ride up over North Korea to the Yalu River, the sun glinting off silver aircraft, contrails streaming behind, as they challenge the numerically superior enemy to come on up and fight." Lances and plumes! I'm a knight! Come on up and fight! Why hold back! Knights of the Right Stuff!(The Right Stuff)

 

 

Knight of the Right Stuff 

 

レッドバロン(The Red Baron)ことマンフレート・フォン・リヒトホーフェン(Rittmeister Manfred Freiherr von Richthofen)は身分としては格上の baron(Freiherr)だが階級としては Rittmeister なので knight(Ritter)と呼ぶに相応しいが、その伝で当然―

 

Baron of the Right Stuff

 

と(plain and simple に)称してよろしいでしょう。

 

 

独り言レス

【誰にともなしに、独り言レス―その3292】

 

その1759~1765

 

皮肉な見方をするなら、これはベルケ自らの Dicta に背いたための接触事故と言えるかもしれない。

 

Greife prinzipiell nur in Gruppen von 4 bis 6 an. は何も寄ってたかっての攻撃を意味するのではなしに、あくまで編隊のチームワーク(連携プレー)の重視であって、Dicta は―

 

Wenn sich der Kampf in lauter Einzelgefechte versprengt, achte darauf, dass sich nicht viele Kameraden auf einen Gegner stürzen.(When the fight breaks up into a series of single combats take care that several do not go for one opponent.)

 

と、むしろ逆に avoid two aircraft attacking the same opponent の旨を戒めている。

 

ベルケはそれを破った―

 

 

ベルケと接触したベーメ Erwin Böhme の手紙(Briefwechsel Erwin Böhmes mit seiner Verlobten Annamarie)によれば―

 

Boelcke and I had the one Englishman evenly between us, when another opponent, hunted by our friend Richthofen, cut directly in our path. As fast as lightning, Boelcke and I took evasive action simultaneously, and for one instant our wings obstructed our view of each other—it was then it occurred. How I am to describe my feelings to you from that instant on, when Boelcke suddenly emerged a few meters on the right from me, his machine ducked, I pulled up hard, however nevertheless we still touched and we both fell towards the earth! It was only a slight touching, but at the enormous speed this still also meant it was an impact. Fate is usually so senseless in its selection: me, only one side of the undercarriage had torn away, him, the outermost piece of the left wing.

 

 

参考(ベーメの手紙原文)

 

Bölcke und ich hatten gerade den einen der Engländer zwischen uns, als ein anderer, von Freund Richthofen gejagter Gegner unseren Weg schnitt. Bei dem gegenseitigen blitzschnellen Ausweichen haben Bölcke und ich, durch unsere Tragflächen behindert, einen Augenblick nichts voneinander gesehen – und hierbei ist passiert. Wie soll ich Ihnen meine Empfindungen schildern von dem Augenblicke an, als Bölcke plötzlich wenige Meter rechts von mir auftauchte, er seine Maschine duckte, ich meine hochriß, wie wir uns aber doch noch streiften und beide zur Erde mußten! Es war nur ein leises Berühren, aber bei der rasenden Geschwindigkeit bedeutete auch das schon einen Anprall. Das Schicksal ist meist so unvernünftig in seiner Wahl: mir war nur eine Seite des Fahrgestells weggerissen, ihm das äußerste Stück der linken Tragfläche.

 

※ ベーメは(レッドバロン同様)ベルケの部下で最も近しい友だった。

 

 

レッドバロンの証言はベルケとベーメ接触を何だか他人事(自分には無関係の事故)であるかのようにも感じさせるけれど、Dicta に反して同一の敵機を狙っていたフシのあるベルケとベーメ(Bölcke und ich hatten gerade den einen der Engländer zwischen uns)に急接近し割り込んできたのはレッドバロンに追われていた別の敵機で(ein anderer, von Freund Richthofen gejagter Gegner unseren Weg schnitt)、それを二人が咄嗟に回避する際に(Bei dem gegenseitigen blitzschnellen Ausweichen haben Bölcke und ich)起こった接触・墜落なのだから、どう見てもレッドバロンは単なる傍観者(全くの第三者)では済むまい。(当然 レッドバロンのやりすぎのせいだとする説もある―Some accounts blame Richthofen's enthusiasm for the collision)

 

むろん、一人(不時着して)生還したベーメは自責の念が酷く、自殺する懸念すらあったとか。("Why did he, the irreplaceable, have to be the victim of this blind fate, and why not I?")

 

レッドバロンはベルケを(自分とは別格の)ヒーローと評しているが(I am after all only a combat pilot, but Boelcke, he was a hero.)、そのレッドバロンにまつわるエピソードのように描かれる敵パイロットの葬儀に飛来し花を落とす―

 

ベルケには実際にあった話で、英国機が投下していった花束には―

 

"To the Memory of Captain Boelcke, our Brave and Chivalrous Opponent. From, the English Royal Flying Corps."

 

と記されていた。

 

 

 

独り言レス

【誰にともなしに、独り言レス―その3291】

 

Wer ist der beste Pilot, den du kennst? (Who's the best pilot you ever saw?)

 

レッドバロンは(ホットドッグがイェーガーの名を口にしかけたように―その3033参照)本音ではベルケと答えた気がするが(その3274参照)、だとするならベルケは 0 系ライトスタッフの源流とでも言えるかもしれない。

 

その1755~1758

 

逆にベルケなら der beste Pilot にレッドバロンを指差したか―

 

Bloß Boelcke soll einmal gesagt haben – natürlich nicht mir direkt persönlich, aber man hat es mir nachher erzählt – wie er gefragt wurde: »Wer hat denn Aussicht, mal ein guter Jagdflieger zu

werden?« da soll er mit dem Finger auf mich gezeigt und gesagt haben: »Das ist der Mann!«

 

(Boelcke is supposed to have said, not to me personally—I have only heard the report—when asked: "Which of the fellows is likely to become a good chaser?"—"That is the man!" pointing his finger in my direction.)

 

「どの隊員が優秀な戦闘機パイロットになりそうですか?」と訊かれたベルケは「あの男だよ」と私を指差して答えたそうだ

 

と、Der rote Kampfflieger で自慢げに語ってますから。

 

 

ベルケは若くして(25才)空中衝突 Zusammenstoß―レッドバロンの目撃証言(Der rote Kampfflieger)によれば(衝突と言うより)接触 Berühren して墜落死する。

 

Boelcke † (28. Oktober 1916)

 

Es beginnt der übliche Kampf. Boelcke hatte den einen vor und ich den anderen. Ich muß ablassen, weil ich von einem eigenen gestört werde. Ich sehe mich um und beobachte, wie etwa zweihundert Meter neben mir Boelcke sein Opfer gerade verarbeitet. Es war wieder das übliche Bild. Boelcke schießt einen ab, und ich kann zusehen. Dicht neben Boelcke fliegt ein guter Freund von ihm. Es war ein interessanter Kampf. Beide schossen, jeden Augenblick mußte der Engländer stürzen.

 

Plötzlich ist eine unnatürliche Bewegung in den beiden deutschen Flugzeugen zu beobachten. Es zuckt mir durchs Hirn: Zusammenstoß. Ich habe sonst nie einen Zusammenstoß in der Luft gesehen und hatte mir so etwas viel anders vorgestellt.Es war auch kein Zusammenstoß, sondern mehr ein Berühren. Aber in der großen Geschwindigkeit, die so ein Flugzeug hat, ist jede leise Berührung ein heftiger Aufprall. Boelcke läßt sofort von seinem Opfer ab und geht in großem Kurvengleitflug zur Erde hinunter.

 

英訳

 

The struggle began in the usual way. Boelcke tackled the one and I the other. I had to let go because one of the German machines got in my way. I looked around and noticed Boelcke settling his victim about two hundred yards away from me. It was the usual thing. Boelcke would shoot down his opponent and I had to look on.

 

Close to Boelcke flew a good friend of his. It was an interesting struggle. Both men were shooting. It was probable that the Englishman would fall at any moment. Suddenly I noticed an unnatural movement of the two German flying machines. Immediately I thought: Collision. I had not yet seen a collision in the air. I had imagined that it would look quite different. In reality, what happened was not a collision. The two machines merely touched one another. However, if two machines go at the tremendous pace of flying machines, the slightest contact has the effect of a violent concussion. Boelcke drew away from his victim and descended in large curves.

 

 

 

独り言レス

【誰にともなしに、独り言レス―その3290】

 

“Remember, it's the man, not the machine”.―Chuck Yeager

 

言うまでもなく、イェーガーも至極当然のモットーとして腕次第主義を標榜していて、0 系イェーガーたるレッドバロンの言を(plain and simple に)踏襲・継承しているように(即ち、ライトスタッフの系譜が)見える。

 

リヒトホーフェンの―

 

es kommt eben nicht auf die Kiste an, sondern auf den, der drinnen sitzt.(その3260参照)

 

のクダリ(Der Rote Kampfflieger)―

 

Wir fliegen weiter, gehen auf größere Höhe, denn oben haben sich einige aus dem Klub der Anti-Richthofen zusammengefunden. Wir waren mal wieder gut zu erkennen, die Sonne vom Westen her beleuchtete die Apparate und ließ sie in ihrer schönen roten Farbe weithin schillern.

Wir schlossen uns eng zusammen, denn jeder wußte, daß man es mit Brüdern zu tun hat, die dasselbe Metier verfolgen wie wir selbst. Leider sind sie wieder höher, so daß wir auf ihren Angriff warten müssen. Die berühmten Dreidecker und Spads, ganz neue Maschinen, aber es kommt eben nicht auf die Kiste an, sondern auf den, der drinnen sitzt; die Brüder waren laurig und hatten keinen Mumm.

 

英訳

 

We flew on and went to a higher altitude, for there was apparently a meeting somewhere in the air for the members of the Anti- Richthofen Club. They could recognize us from far away. In the powerful sunlight, the beautiful red color of our machines could be seen at a long distance.

We closed our ranks for we knew that our English friends pursued the same business as we. Unfortunately, they were again too high. So we had to wait for their attack. The celebrated triplanes and Spads were perfectly new machines. However, the quality of the box matters little. Success depends upon the man who sits in it. The English airmen played a cautious game but would not bite. (The Red Fighter Pilot)

 

参考

 

イェーガーは @GenChuckYeager(2016年 4月20日)に―

 

Apr 19, 1918 – Manfred von Richthofen, aka The Red Baron, shoots down his 79th & 80th victims, his final victories b4 his death the next day

 

とツィートしてレッドバロン(21 April 1918 没)に触れている。

 

 

 

独り言レス

【誰にともなしに、独り言レス―その3289】

 

その1469~1471

 

その頃 Albatross D.V に乗っていたレッドバロン撃墜のクレジットはイギリス空軍 FE 2d(複座) のパイロット Cunnell、銃撃したのは Woodbridge(observer)で簡単な状況は(Pages from the Past | Astrology is Fun)―

 

On 6 July 1917, von Richthofen led a formation of forty aircraft to attack a formation of FE2d from No 20 Squadron. The British escort of four Sopwith Triplanes from No 10 (Naval) Squadron soon joined the fight.

 

In the melee, von Richthofen attacked the leading Fe2d, flown by Captain Douglas Cunnell. His observer, Second Lieutenant AE Woodbridge fired at the scarlet Albatross V and hit von Richthofen in the head. He blacked out and descended to about 2,500 feet before he regained consciousness and struggled to crash land his Albatross near Wervick on the Franco-Belgian border. He was rushed to hospital where he had to stay for several weeks. He had been forced out of action at a crucial period in the aerial campaign.

 

 

さて、実は興味深い話があって、レッドバロンは左耳後ろを撃たれた―ということは、もちろん後ろから撃たれたことになるが、Woodbridge が語るには―

 

Two of them came at us head-on, and the first one was Richthofen. I opened fire with the front Lewis and so did Cunnell with the side gun. Cunnell held the FE on her course and so did the pilot of the all-red scout [Richthofen].  With our combined speeds, we approached each other at 250 miles per hour ... I kept a steady stream of lead pouring into the nose of that machine.  (Guttman & Dempsey, Pusher Aces of World War I)

 

と、レッドバロンの正面(head-on)から接近しつつ機首目がけて撃ち続けたそうな。

 

ん…?

 

またぞろ全く同じ議論の繰り返しになりそうだけれど、もうやりませんよ―はっきりしてるから。

 

レッドバロンは「んなもの当たるわきゃない」(I calmly let him shoot, for even the best sharpshooter's marksmanship could not help at a distance of 300 metres. One just does not hit.)と余裕だったのに「いきなり―」(Suddenly something struck me in the head. )といった感じなので、どうも分かっていたふうにもありますね。

 

 

レッドバロンの後方にいたのは率いていた飛行隊(Staffel)―つまり friendly fire だったというのが真相のようで、だとするなら >いったい誰がレッドバロンを死に至らしめたのか? の真犯人は―

 

9ヶ月前にレッドバロンを銃撃し頭部に傷を負わせた(敵の)イギリス空軍兵士

 

ではなく―

 

9ヶ月前にレッドバロンを銃撃し頭部に傷を負わせた(味方の)ドイツ空軍兵士

 

の(故意にしろ過失にしろ)friendly fire だったという皮肉なことになる。

 

要するにレッドバロンは(我が「赤い伝説 レッドバロン物語」のシナリオ上では、故意に)味方から撃たれた頭部の負傷(外傷性脳損傷)のせいで最後に致命的な judgment ミスを犯してしまったという結論になるわけであります。

 

むろん、それが誰かを特定するには至らないけども、状況的に最も可能性が高いのだろうと。

 

あの(運命の銃弾を放ったと目される)Cedric Popkin 自身でさえ―

 

"I am fairly certain it was my fire which caused the Baron to crash but it would be impossible to say definitely that I was responsible... As to pinpointing without doubt the man who fired the fatal shot the controversy will never actually be resolved." (1964)

 

と仰ってるくらいなので。 

 

 

独り言レス

【誰にともなしに、独り言レス―その3288】

 

その1467~1468

 

>たぶん一生見る機会のなさそうな映画

 

この幻の珍作 Revenge Of The Red Baron を(うっかり) YouTube で見かけたことがある―Von Richthofen and Brown も YouTube で見ました。(すっかり時代は変わった…)

 

あまり過去レスだけだと手を抜いてるみたいなので(ま、手抜きしてるわけやが) Who Killed The Red Baron? 問題の異聞と言うか、ちょっと別角度の視点から―

 

>なぜかレッドバロンは、ここで自らが課していた空中戦における鉄の掟を完全に無視―

 

  1. 敵陣内に入らない

 

  1. 低空を飛ばない

 

  1. 単独では行動しない

 

全部、破ってます―魔が差したとしか…

 

と書いてるけども、実はキーポイント(目の付け所)なんですよ、ここが。

 

 

A superior pilot uses his superior judgment to avoid situations which require the use of his superior skills.  (フランク・ボーマン―その2979参照)

 

マンフレート・フォン・リヒトホーフェンは superior pilot であったに違いなかろうけれど、最後に文字通り致命的な judgment ミスを犯した―なぜか?

 

レッドバロンがメイ中尉を執拗に深追いした―言い換えれば、標的に固着(target fixation)したのは頭部の負傷(外傷性脳損傷 traumatic brain injury)に起因するとの説がある。

 

この 9ヶ月前(July 6, 1917)にレッドバロンはイギリス空軍との交戦で撃墜されているが、その際 左耳後ろを銃撃され(瞬間的に視力を失い麻痺したものの、辛うじて不時着し)ていて―

 

Da, mit einem Male, ein Schlag gegen meinen Kopf! Ich war getroffen! Für einen Augenblick war ich völlig gelähmt am ganzen Körper. Die Hände hingen mir herunter, die Beine baumelten in der Karosserie. Das Übelste war: Durch den Schlag auf den Kopf war der Sehnerv gestört und ich war völlig erblindet. Die Maschine stürzte ab.(Der rote Kampfflieger)

 

(英訳 Suddenly there was a blow to my head! I was hit!!For a moment I was completely paralyzed . . . My hands dropped to the side, my legs dangled inside the fuselage. The worst part was that the blow on the head had affected my optic nerve and I was completely blinded. The machine dived down. )

 

さすがはレッドバロン、しぶとい。 (死を覚悟しながらも奇跡の生還、真のライトスタッフであればこそと申せましょう)

 

その傷が完全に治癒されぬ内に飛行任務に復帰する。 (この時 既にパイロットとしての正しい資質を失っていたと言えるかもしれない)

 

むろんレッドバロン自ら強く主張してのことにせよ、今なら絶対に飛ぶことが許可されない心身状態だったらしく、以前とは全く違った様子(異常な徴候)を示していたとか。

 

とするなら(そういう意味でなら)、まさにレッドバロンは(外傷性脳損傷のせいで) >魔が差した のであって、いったい誰がレッドバロンを死に至らしめたのか? の正しい答は―

 

9ヶ月前にレッドバロンを銃撃し頭部に傷を負わせたイギリス空軍兵士

 

その者こそが真犯人となろう。

 

(これで話は終ったわけではない―もうちょっとだけレッドバロン・ネタに固着させてもらいます)

 

 

独り言レス

【誰にともなしに、独り言レス―その3287】

                                                                                     

その 191~192  (2003/11/16)  

 

さて、ここで Popkin の再登場―

 

レッドバロンが右に旋回した瞬間、今度こそはとばかりに Popkin の Vickers gun が再び火を噴くのであります。

 

メイ中尉と、それを追うレッドバロンは、まず Popkin の正面からやってきて、そのまま真っ直ぐ Buie のほうに向かい、その頭上を過ぎたところでレッドバロンだけが右に旋回―

 

その瞬間のレッドバロンを Popkin が狙ったとすると、その位置関係はどうなりますでしょう?

 

そう、Popkin はレッドバロンの右斜め後方ですね―むろん、高さは下。

 

これは、検死結果が示す弾道と 100% 完全に一致する。

 

Popkin のこの射撃の直後、レッドバロンは不時着し、そして絶命してたんです―右斜め後方、やや下の角度から心臓を撃ち抜かれて。

 

かくして、付近には Popkin の Vickers gun 以外に、そんな射撃の可能なものはなかったという証言を信じるならば(Buie の Lewis gun は弾切れだし)、いい加減 こう結論しちゃっていいんじゃなかろうか―

 

レッドバロンの心臓を撃ち抜いた運命の銃弾を放ったのは(少なくとも名乗り出ている候補者のなかでは) Cedric Popkin 以外にありえない、と。

 

 

ところで、.303 口径の銃弾を使ってるのは、Vickers gun と Lewis gun の他に Lee-Enfield .303 rifle がある―機関銃じゃなしに、ライフル銃ですね。

 

故に、論理的にはと言うか、たいそうロマンチックな可能性としては、名も知れぬ謎のスナイパーが、このボルトアクションのライフルで歴史に残る一発必中の神業的狙撃をしていた…

 

っちゅう空想を逞しくするのも、また夢があって大いに愉しからずや、ではあります。

 

てなわけで―

 

あ~しんどかった。

 

ここにきて、やっとこさレッドバロン・ネタの最初に戻るんですけど、ご記憶でしょうか―Revenge Of The Red Baron の話をしたでしょ、最初に。

 

あの映画の設定では、実際にレッドバロンを撃ち落としたのはスペンサーという爺さんになってるって話。

 

で、スペンサーって、誰よ? そんな名前、出てこなかったでしょ、どこにも?

 

これですよ、これ―ひょっとして、このスペンサー爺さんこそ、密かにレッドバロンを撃ち落とした謎のスナイパーだったという語呂合わせ的な名前なんかいなと、何気に思ってたんですよ、実は最初から。

 

でも、このスペンサー爺さん、どうやら第一次大戦のエースでレッドバロンのライバルだったという設定らしいから、案外もっとふざけたことに、スヌーピーとの語呂合わせ的な名前なのかもしれませんね―

 

スヌーピーとスペンサーって、まさか、そりゃないか…

 

と以上、延々と話してまいりましたネタが、たぶん一生見る機会のなさそうな映画 Revenge Of The Red Baron の独り言レビューでありました、というオソマツ―

 

というオチなんですけど、ちょっと前フリが長すぎ?

 

〈参考文献〉

 

ANZACS Who Killed The Red Baron?

 

The Death of Manfred von Richthofen:

Who fired the fatal shot?  by Dr M.Geoffrey Miller

 

Arthur Roy Brown World War I Fighter Ace A Short History

 

Snoopy Vs. The Red Baron  

The Return Of The Red Baron  by The Royal Guardsmen

 

 

 

独り言レス

【誰にともなしに、独り言レス―その3286】

 

その 186~190  (2003/11/15~16)

 

いったい誰が、運命の銃弾を放ったのか?

 

我こそは、と自己申告してる人物が(ひとまずブラウン大尉を除かせてもらうと)二人―ともに、地上からレッドバロンを銃撃したオーストラリア兵ですね。

 

ほうほうの体で自陣に逃げ込んだメイ中尉は、立ち木を掠めんばかりの低空を hedgehop (本人談)しますが、執拗に真紅のフォッカーDr.1 は追ってきます。

 

まず、Cedric Popkin が正面から向かってくる味方機のキャメルをやり過ごしてから、続くフォッカーを銃撃する― Vickers machine gun で。

 

地上からの対空射撃ですから当然下から上に向けてですが、この時は左右はともかく、明らかに前から撃ってますよね。

 

従って、弾道と一致しない―てゆうか、本人も外れたと仰ってるんで、この時は。

 

次にテグスネひいて控えてた射撃手が Robert Buie ―この方も、ブラウン大尉の主張に最初から激しく異議を唱えてた一人。

 

 

Popkin (と、他の何人ものオーストラリア兵)の対空射撃をものともせず、レッドバロンは更にメイ中尉を敵陣深く追い続けてる。(付近には、もはやこの 2 機以外カラスの一羽も飛んでなかったそうなので、ブラウン大尉の銃弾がレッドバロンに命中したという説は、いくら何でも捨て去ってしまいましょう、申し訳ないけど)

 

このキャメルとフォッカーの 2 機が、今や Buie の真正面からと言うか、メイ中尉が 20 ヤード後ろのレッドバロンにかぶって向かってきたと思って下さい。

 

Buie は Vickers と同じ .303口径の Lewis machine gun で距離 200 ヤードくらいから撃ち始めて、40 ヤードのところで(後から見てみると)弾切れするまで撃ち続けてたそう。

 

ところがです―その直前に、なぜかレッドバロンがメイ中尉への攻撃を突然止めたのに気が付いた…

 

そこで、Buie はパッと閃いたんですね― I've hit him! と。

 

ん~ そう閃かれてもなぁ… あんた、真正面から撃ってるし。

 

 

Buie が強弁するには、自分がレッドバロンの遺体を調べた限りでは、体の傷は左胸と腹部と右膝に三ケ所、全て正面から撃たれていたと。(あんたは検死官か)

 

つまり、一発の銃弾が右の背中から左の胸に貫通したとする検死報告を、あっさり全否定― This was not true. と。(あんたはスカーペッタか)

 

実のところ、検死報告については当初は色々と混乱があって、意見が食い違っていたのは事実のよう。

 

ですが、少なくとも現在では、一発の銃弾が入った右の背中と出ていった左の胸の傷こそが、いわゆる致命傷であったことに疑いの余地はない。 (それ以外は、かすり傷―下アゴが砕けていたが、それとて不時着の際に、どこかにぶつけたもの)

 

これも憶測ですけど、検死結果が混乱してた原因の一つは、イギリス空軍(及びカナダ)・サイドとオーストラリア・サイドとの思惑が微妙にと言うか、あからさまに絡んでたんじゃなかろうか、ひょっとして。

 

と言うのも、ブラウン大尉(彼はカナダ人です)が 6 日後にカナダの家族へ出した手紙には―

 

地上のオーストラリア兵は自分たちがレッドバロンを撃ち落としたと、あれこれ異なった主張をしているが、検死の結果では、その全てが誤っていると判定された

 

という旨の、何とも都合のいいことを書いてるんですよ。

 

どちらがと言うわけじゃなく、自分のとこに少しでも都合のいい検死報告なるものが、色々なされてたのかもしれませんね。

 

 

レッドバロンは、Buie の頭上を過ぎたところで、ついにメイ中尉を諦めたか、右に大きく旋回します。

 

Buie にしてみれば、自分の銃撃が機体に当たって破片が飛ぶとこさえ、しっかり見てるし、レッドバロンが突然攻撃を止めたんで I've hit him! と閃いちゃってるし、おまけにエンジン音が明らかに変わってスローダウンしてゆき、挙句に不時着するんですから、「我こそは」と確信しても、まあ無理もないか。

 

この状況を見れば、Buie こそが運命の銃弾を放ったと考えるのが、むしろ当然とも言えましょう。

 

が、しか~し。

 

Buie は殆ど真正面から撃っている―後ろからではなく、前からです。

 

従って、残念ながら弾道が一致しません。

 

Buie が何と言おうと、レッドバロンは後ろから撃たれてるんだから。

 

では、運命の銃弾を放ったのは、いったい…?

 

 

ひよっこ」だったはずのメイ中尉は、あの後 13 機を撃墜して立派なエースになってます。(ブラウン大尉はレッドバロンを数に入れたとしても、その 10 機で打ち止め)

 

それを思うと、もしもわたしがシナリオを書くとしたら、あれは罠だったという筋立てにしたいですね。

 

つまり、メイ中尉は「ひよっこ」のふりした「おとり」だった。

 

レッドバロンを自陣におびき寄せておいて、上からはブラウン大尉が、下からは対空射撃が挟み撃ちにするという狡猾な作戦で、レッドバロンは(まんまと)その罠にはまってしまったんだと―

 

そんな想像をしたくなるくらいに、敵陣深くまで低空で、しかも単独で侵入するなんてことは、いくら大胆不敵で、なおかつ頭に血がのぼってた(かもしれない)レッドバロンといえども、ありえないっすよ―という気もするんですね、わたし。

 

ま、それはともかく、レッドバロンは Buie の頭上を過ぎたところで右に大きく旋回する。

 

さすがに、もうヤバイと思ったのか、81 機目は無理だと諦めて引き返そうとしたのか、単に Buie らの対空射撃をかわしただけなのか―

 

理由は何にせよ、ここにきて不意に U ターンしようとするんです、レッドバロンは。

 

皮肉にも、これが命取りになる。

 

 

独り言レス

【誰にともなしに、独り言レス―その3285】

 

その 181~185  (2003/11/13~14)

 

メイ中尉は、その日が初めてのパトロールだったそうで、予めブラウン大尉から敵と遭遇しても上空に待機して、戦闘になっても参加せずに引き返せと言われていた。

 

にも拘らず、いざ空中戦になると居ても立ってもいられなかったのか、渦中に飛び込んじゃいます―命令を無視して。(アホちゃうか)

 

そんな「ひよっこ」を百戦錬磨の「赤い悪魔」が見逃そうはずもないですわな、そりゃ。

 

哀れ「ひよっこ」メイ中尉は、「赤い悪魔」レッドバロンの 81 機目の獲物にクレジットされるべく、恰好のターゲットにされてしまう。

 

たちまちレッドバロンから後ろを取られたメイ中尉は、弄ばれるように駆り立てられ攻撃されるも、何とか自陣の低空へと必死に逃げ込みます。

 

それを承知か、それでも執拗に追い回すレッドバロンを、ブラウン大尉が急襲する―上から。

 

なぜかレッドバロンは、ここで自らが課していた空中戦における鉄の掟を完全に無視してしまっております―

 

  1. 敵陣内に入らない

 

  1. 低空を飛ばない

 

  1. 単独では行動しない

 

全部、破ってますな―魔が差したとしか… あ、もともと悪魔か、 ほんとはアホ?

 

 

憶測ですけど、さしものレッドバロンも、いささか冷静さを失ってたんじゃないですかね、その時。

 

と言うのも、「ひよっこ」(後にエースになってるが)相手に、ずいぶん手間取ってたような印象を受けるから。

 

実は、何とも不運なことに、そして「ひよっこ」にとっては全くもってラッキーなことには、レッドバロンのフォッカーの機銃が malfunction だったらしいんですよ、その時― 2 台の片方だけが、やっと単発で撃てるといった最悪の状態で。

 

それで焦って逆上―頭に血がのぼって、それこそ顔面 bloody Red Baron てな感じだったんじゃなかろうか。

 

機銃がまともに動いてさえいれば―

 

おそらくレッドバロンは 81 機目をアッという間に撃墜し、当然ブラウン大尉の不意打ちも受けず、それにもまして敵陣内の低空に単独で侵入するという自ら部下に厳しく禁じていたはずの自殺行為など(よもや)やらかさずに済んだものを…

 

 

後年の、手記の体裁を取った "My Fight with Richthofen" なる記事によれば、この時ブラウン大尉は、彼の銃撃によって死んだコックピット内のレッドバロンを確認している―

 

Then he crumpled - sagged in the cockpit ... Richthofen was dead.

 

おそらく「レッドバロン」の最期のシーンは、この手記のイメージなのかも―いかにも安手のドラマチック仕立てだから。

 

むろん、実際に本人がどこまで関わってるのかはともかく、これがいい加減なホラ話であるのは明らかでしょう。

 

そもそも、ブラウン大尉が「わたしがレッドバロンを撃墜した」といくら公式に主張しようと、そして確かにマンフレート・フォン・リヒトホーフェンのフォッカーDr.1 が、アーサー・ロイ・ブラウンの 10 機目のクレジットとして公式にイギリス空軍に認められていようと、本当のとこはそうではなかったと言わざるをえない―

 

レッドバロンを死に至らしめた銃弾を、ブラウン大尉のソッピース・キャメルが放つことは、およそ不可能だったからであります。

 

 

レッドバロンの心臓を貫通したであろう銃弾は .303口径。

 

ソッピース・キャメルは、コックピットの正面に 2 連の Vickers machine gun を搭載しており、その口径は .303インチだから、この点に問題はない。

 

問題は、銃弾そのものではなしに、その弾道―

 

検死結果は、運命の銃弾はレッドバロンの右の斜め後ろから、かつ下から撃たれたことを示していた。

 

ブラウン大尉がレッドバロンを攻撃したのは、右側からではなく左側からというのが有力ですが、それは断定できないにしても、それでも上からというのは確実―状況から見て、そして本人の証言、目撃者の証言からも、それは断定できる。

 

ブラウン大尉のソッピース・キャメルは、上からレッドバロンを銃撃した。

 

だが、レッドバロンは下から撃たれている―

 

よって、運命の銃弾を放ったのは、ロイ・ブラウン大尉ではありえない。

 

 

仮に、ブラウン大尉の放ったのが「魔法の銃弾」だったとしましょう―

 

上から、そして左側から撃った銃弾が、魔法の力で下から上に向かって右の背中からレッドバロンの心臓を貫通したんだと。

 

いや、それよりも現実に絶対にありえないとは言いきれない状況―例えば、宙返りでもした状態のフォッカーを、上から銃撃したとしたら、ひょっとして同様の弾道を描くことができるのかもしれない。(誰一人として、そんな目撃証言はしてないが)

 

しかし、そんなアクロバチックな仮定をしたとしても、ブラウン大尉の放った銃弾が命中した瞬間、(鉄の心臓でもない限り)殆ど即死状態だったはずのレッドバロンが、その攻撃の後も依然として(わたしの推定では、時間にして 1分弱、距離にして 2 マイル近く)メイ中尉を駆り立て続けているという厳然たる事実を、どう説明するのか―これは、多くの目撃証言から間違いのない事実。

 

つまり、どう考えてもブラウン大尉の銃撃は外れたと見るのが自然―外れたからこそ、尚もメイ中尉はレッドバロンに追われ続けてるわけです。

 

では、運命の銃弾は、いったい誰が―

 

 

独り言レス

【誰にともなしに、独り言レス―その3284】

 

その1450~1466

 

ところで レッドバロンと言えば、ウィキペディアの「マンフレート・フォン・リヒトホーフェン」に―

 

低空に逃げるメイ機を追いかけるうちに前線を越えて敵側領域に侵入してしまい、オーストラリア第14野砲旅団第53砲兵中隊のロバート・ブーイー射手による軽機銃の弾を胸と腹に受けて~不時着した。

 

と事もなげに(あっさり)断定してあり、いささか驚かされた。

 

Wikipedia(English) の Manfred von Richthofen では―

 

Other sources have suggested that Gunner Robert Buie (also of the 53rd Battery) may have fired the fatal shot. There is little support for this theory.

 

と Buie 説は殆ど支持されてないと否定的なのだから。

 

本籍地(?)の Deutsch 版も―

 

Eine andere Untersuchung kam zu dem Ergebnis, dass Buie (und Evans) aufgrund der Einschusswunde von rechts Richthofen nicht abgeschossen haben konnten.

 

と、むしろ Buie(の弾が命中した)説はありえないと却下(結論付け)している。

 

いったい誰がレッドバロンを死に至らしめたのか?

 

横文字ではピンとこないとお嘆き(にして、ウンザリ気味)の諸兄のために、一昔も前に連載した集中講義を再掲いたしましょう―もちろん、日本語で。

 

 

その 177~180 (2003/11/11~13)

 

レッドバロン」(1971)の続編と言や(そんなもんはないんですけど)「華麗なるヒコーキ野郎」(1975)が、まさにそんな匂いですか。

 

主人公の第一次大戦後のバーンストーマー、ウォルド・ペッパー(ロバート・レッドフォード)と壮絶な空の真剣勝負を繰りひろげるドイツの伝説のエース、エルンスト・ケスラーは明らかにレッドバロンのイメージ―フォッカー三葉機みたいだったし。

 

ただ、真っ赤じゃなくチェッカーフラッグみたいなデザインで、当のレッドバロンが戦死してるのは周知ですから、もちろん別人に決まってるが、どう見たってモデルはレッドバロンに違いありますまい。

 

わたしは見てないけど、「レッドバロン」ではリヒトホーフェンの最期は(Von Richthofen and Brown という原題からも判るように)やはりロイ・ブラウンのソッピース・キャメルに蜂の巣にされて派手に撃墜されちゃうようで、そりゃまあ、そのほうが劇的だから当然そうしたくなりますわな、映画じゃ。

 

その辺りのレッドバロンの最期の真相と言うか、映画ではなしに実際はどうだったのかを、ビールのつまみにでもして書いてみましょう、ぼちぼちと。(こんな調子で、その 192 まで続く予定)

 

 

時は、after the turn of the century ~♪ もちろん第一次大戦のさなか、1918年 4月21日のこと―

 

空中戦が始まったのは、ロイ・ブラウンの後の報告によると 10:35 a.m. (地上のオーストラリア兵によれば about 11 a.m. )。

 

ブラウン大尉は、目にも鮮やかな真紅のフォッカーDr.1 が、部下のメイ中尉のキャメルを駆り立てるのに気付くや、その後を追尾。

 

Dr. は(doctor じゃなくて)ドイツ語の Dreidecker ドライデカー(英語では triplane トライプレーン)―つまり、三葉機のこと。

 

フォッカーの三葉機、しかも真っ赤とくれば「おお、レッドバロンだ」と即、判りそうなもんですが、これが案外とそうでもなかったらしい。

 

と言うのも、たまたまレッドバロンの最期がこれだったんで、後々彼の決定的な代名詞みたいになっただけで、当然 あれこれ他の機にも乗ってたわけだから。

 

真紅のフォッカーDr.1 を見ただけで、即「お、レッドバロンだ ラッキー!」(または「ひえ~レッドバロンだ アンラッキー!」)とは誰も思わなかったと言うか、そんな安直なイメージではなかったようやね、どうやら。

 

ま、相手がレッドバロンであると判っていようが、いまいが―とにかく、ブラウン大尉は親友でもあったメイ中尉を救援すべく、真紅のフォッカーDr.1 めがけて急降下していく。(急降下 dive というくらいだから、当然上から下へですよ、念のため ←ここ、大事です)

 

 

ところで、撃墜されたと聞くと単に撃ち落とされたという以上に(英語の crash からも受ける)どこか破滅(壊滅)的なイメージがあるでしょ―何か、ぐしゃぐしゃになってしまうみたいな。

 

レッドバロンは確かに(誰かによって)撃墜されたんですけど、決して ぐしゃぐしゃにはなってないんですよ、これが不思議なことに。

 

実は、真紅のフォッカーDr.1 は、きれいに不時着したんです―破損することなく。 (ただ、切ないことには、直後に souvenir hunters によって、ばらばらにされた)

 

ブラウン大尉が、見事レッドバロンを撃墜した―でも、レッドバロンは不時着していた…

 

ん~何だか、もうこれだけで首を傾げたくなりましょ?

 

まるでスヌーピーの「帰ってきた撃墜王」の世界―

 

いったい、どういうことなのか?

 

 

しかしながら(スヌーピーの空想とは違って)実際は真紅のフォッカーDr.1 が不時着した時、レッドバロンことリヒトホーフェンは既に絶命しておりました。

 

まずは、その死因を確認しておかないといけません。

 

遺体は(完璧じゃないにしても)ちゃんと検死されてる(解剖はされてない) ので、はっきりしてるんです、レッドバロンが死んだ原因―

 

それは一発の銃弾である、と。

 

検死の結果(きれいに不時着してるから遺体の損傷はない)、レッドバロンを死に至らしめたであろう体表面の傷は唯一、と言うか正確には二ヶ所、この一発の銃弾によるものと判明―その銃弾は、右の背中(9 番目の肋骨辺りの脇腹)から入り、左の胸(乳首のわずか外寄り、腋の下の高さ)から出てました。

 

直線的な弾道であったでしょうから(ケネディ暗殺における「魔法の銃弾」でもないかぎり)、それが心臓を貫通したことは容易に推定できる。

 

従って、レッドバロンは殆んど即死であったと結論できるでしょう。(←ここ、大事です)

 

レッドバロンは、映画で描かれてるように決して蜂の巣にされたんじゃなく、ただ一発の銃弾を心臓に撃ち抜かれることによって、敵陣に農場を買ってしまったのだった。